スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい悪魔

東方二時創作のストーリーとかほらぁげぇむのストーリーとか文章が全然書けなくてパーンってなりそうなので
練習として小説っぽいのをちょっとずつ書いていきます

出来が良ければゲーム化したりしなかったり(

その小説っぽいのは続きを読むから
優しい悪魔



遙か、そこは天界
天使達が住み
”優しさ”で満ち溢れていた

今日は、天使となった者たちが
人間界へと任務を果たしに降り立つ

そして又・・・


セラフィム「ケルビム、ケルビムは居るかい?

ケルビム「はい、ここに居ります

セラフィム「君の待ち望んでいた、任務だ。

ケルビム「ありがとうございます。大変嬉しく思います!

ケルビムはこの時を待ち望んでいた。
それは彼が子供の頃、空の海で遊んでいる時だった
天界は高いところにある為、水というものはない
その代わりに天使たちは空を水として扱うことが出来たのだ

ケルビムの母「ケルビム、そっちは危ないわよ

ケルビム「大丈夫だよー!今日も空は気持ちイイねー

確かに自分では大丈夫だとは思っていたが
空は所詮空、天界の魔力で水のようにしているだけだ
魔力が届かないところまで行けば落ちてしまう
追い打ちを賭けるように、幼かったせいか羽根は小さく飛ぶなんてことは出来なかった


ケルビムの母「ケルビム危ない!

しかし、その声は彼には届かなかった
当時、まだ基礎魔力も備わっていないケルビムは
人間界へと落ちてしまった

----まだ間に入るよ----

セラフィム「簡単なことだ、3年間、人間界で人として人間に優しくすれば良い

ケルビム「優しいことでしょうか・・・?


コメントの投稿

非公開コメント

Profile

シャズナ

Author:シャズナ
Twitter syazuna

Counter
Special links
NET裏技専門店

神 コップ:ゲーム実況
Ranking
Category
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
amazon
Game Ranking
無料アクセス解析
Mutual links
Latest story
ほらぁげぇむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。